▼最近のゲームの面白さ

スマホのゲームの現状

ワンピーストレクル

最近になって続々とアニメを題材にしたゲームがリリースされています。進撃の巨人・ジョジョの奇妙な冒険・ワンピース・・・。

 

これらのスマホのゲームは黙っていてもダウンロードされるだろうと思われるゲームですね。アニメのファンがそのままごっそりダウンロードしてくれるわけですから。でも、そのゲームをやり続けるか、放置になるかは、やはりゲーム内容が重要になってくるんですよね。

 

進撃の巨人に関して言えば、事前登録から楽しみにして待っていたんですが、プレイ時間1時間ほどで終了してしまいました。普通にゲームとしては成り立っているのかな?とも思うのですが、進撃の巨人好きの私にとっては、キャラクターがでそろっているだけで、あの世界観を無視してゲームにしてしまった・・・と感じたんです。

 

こうなってしまうと、アニメのファンはすぐに辞めて行くことになるでしょう。全員とは言いませんが、かなりのユーザーが辞めてしまうと思うのです。

 

それに反して、ワンピースはゲーム性こそありきたりのゲームなのですが、アニメの世界観をしっかりと忠実にゲーム内に取り込んでいて、世界観を一緒にしているんですよね。こうなると、ゲーム性がちょっと下がっても、やる気になるのです。

 

フレンドになったプレーヤーの様子をみていると、約半数はちょっとやって辞めてしまっています。これはワンピース好きでは無いユーザーがドロップしているのだと思います。ゲーム性を重視したプレーヤーはきっと辞めて言っているのでしょうね。

 

こっちはアニメファンの取り込みは成功し、ゲーマーには辞められてしまっているのでしょう。どっちも完全な取り込みに成功している訳ではないと思われるのです。

 

やはり、アニメのゲーム化はその両方がかみ合ってこそ、ビッグタイトルになるのではないでしょうか。